カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 
HOME > Surfboards > Todd Pinder




Todd Pinder
  ハワイ、オアフ島でクラッシックなロングボードやフィッシュ、シモンズといったオルタナティブボードを作るクラフトマン、トッド・ピンダー。初めてその存在を知った時はハワイでなぜそういったボードを作っているのか理解ができなかった。長さに関わらずパワフルでホローな波に合ったサーフボードこそハワイで作られるべきではないかと勝手に思ったりした。確かに最高の波にだけフォーカスしてみればそうなってくるだろう。 しかし、良く考えてみれば自分が昔よくハワイに行った際は、クラッシックなロングボードでサウスショアの波を楽しんでいた。そして毎朝のサーフィンが日課のローカルの人達も、バリバリのショートボード、パフォーマンス性の高いロングボード、そしてクラッシックなシングルフィンと、皆自分の好みのボードで様々なタイプの波をサーフし楽しんでいたのも確かである。こうして考えてみればトッドのボードがローカルに深く浸透しているのもよく理解できる。 

プレイナーの使い方もトッドの性格を表すかのように丁寧そのもの

プレイナーを意のままに操りここまで綺麗なラインを描くトッド

さらにトッドの経歴を知ればその実力は一目瞭然だろう。フロリダ出身で幼い時からサーフィンをし17歳にして初シェイプ。22歳の時カール・シャーパーとその兄を頼りハワイに移り住んでいる。当時活躍中のランス・ホッカノやボンガ・パーキンスなどのサーフボードをシェイプしていたカール・シャーパー、そしてカパフルにある「クラッシック・ロングボーズ」のシッピー・カバトをハワイでの師匠であり恩人というトッドは、ハワイのメインストリームをしっかりと肌で感じで来ているはずだ。そしてハイパフォーマンスボードとしてはケコア・ウエムラのパーソナル・ボードをT&Cレーベルでシェイプしていた経歴もある。彼に大きな影響を与えたのはデーン・ピーターソンの父、ドニー・ピーターソン。彼がシッピーを訪ねた際に持って来たマリブスタイルのロングボードに魅せられたことが、今のピンダー・ブランドの始まりといってもいいようだ。  ハワイの主流の中でボードビルダートしての経験を着々と積み上げて来た彼が作り上げる、オルタナティブ・ボードやクラッシック・ロングボード。シェイプはもちろん、フィン作り、ラミネートから仕上げまで全ての工程をトッドが一人で行うため生産本数はとても少なく、すでに稀少性も感じられるピンダー・サーフボード。カリフォルニアのスタイルとはまた違った目線から、ハワイ、オアフ島ホノルルで作り上げるボードの魅力を是非お楽しみください。





ラミネートも他の作業との段取りをうまくコントロールしとてもスムースに進めていく

サンディングから仕上げまで全ての工程を彼一人で行うホノルルのクラフトマン

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜5件 (全5件)

1件〜5件 (全5件)