カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 
HOME > Surfboards > Mitsven
Misven Surfboards ミツベン・サーフボーズ

 

Shaper: Bob Mitsven ボブ・ミツベン
Fin Craft man: Rick Clow リック・クロー

 シェイパー ボブ・ミツベンは、1966年、地元サンディエゴにて11歳でサーフィンを始め、1972年に1本目のサーフボードをシェイプしている。 彼のシェイプに乗りたいとの人気が止まらず、1988年にオフィシャルにブランドを立ち上げた。 すでに40年以上のシェイプ歴を持つサンディエゴ切っての巨匠といえる存在であり、きめ細かく丁寧なシェイプから作り出される美しく隙のないシェイプを求めるカスタマーが地元サンディエゴでも後を絶たない。ショートボード、サンディエゴ伝統のシェイプ、ロングボードからビッグ・ウェイブ・ガンまで、どんなボードも素晴らしいシェイプで削り出すだれもが認める匠だ。また、サンディエゴのレジェンダリー・シェイパー、スキップ・フライとの交流も深く、ショップ(工房)が隣同士の今、毎朝のように世間話を交わす彼らを自分も目にしている。そんなスキップ・フライのテンプレートももちろん本人から受け継ぎ、ボブ自身のシェイプのラインナップに当然のように加わっている。





リック・クロー。自身のナイフ・ブランドを持つクラフトマンで、現在(2014・12)サンディエゴ唯一のサーフボード用ウッド・フィン・クラフトマンでもある。元々ミツベン・ブランドのためのフィンのみを作っていたが、クオリティーが高い彼のフィンを使いたいとのジェフ・マッカラムからのリクエストから他のシェイパーのためのフィン作りがスタート。そして今ではスキップ・フライ他サンディエゴの多くのシェイパーのためにオリジナル・テンプレートのフィンを日々作り続けている。ミツベン・サーフボーズでもボブ・ミツベンのパートナーとして欠かせない存在だ。




 ニューエボリューションでは、2014年2月の渡米時、そんな彼らから是非弊店で彼らのボードを取り扱って欲しいとの熱いリクエストをいただいた。じっくりと時間をかけ調整をしながら、2014年12月には正式な契約書に3人でサインを交わしスタートを切らせていただくことになった。今まで彼らのブランドに携わっていらした諸先輩がたに心から敬意を表すると同時に、ボブ、リックと共にこのブランドの魅力をみなさまにお伝えできるように精進させていただきます。

 プロモーションやストーリー作りに振り回されることなく、地元でも広く長く高い評価を得ている本物のクラフトマンのサーフボードを是非あなたのクイーバーに加えてみてはいかがですか。

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜12件 (全12件)

1件〜12件 (全12件)